top > 電子部品の豆知識 > 仕事で使うからこそプロの目線で

仕事で使うからこそプロの目線で

 現役のエンジニアが部品調達を考える時、通販サイトが強い味方になってくれます。なぜなら、膨大な商品点数が通販サイトサイトには掲載されていて、業種や部材名などカテゴリ別に時には数百以上の点数が一覧となって一瞬で表示されるからです。
 実際に国内外の企業が利用している通販サイトの1つ、イプロスでは、20万の商品が登録されていて、月間180万人が閲覧しています。多くの人から必要とされれば、それだけ企業としてもそこに情報を掲載し、自社の製品を効率よくアピールする舞台へと変えてくれることでしょう。
 今、紙媒体の売れ行きが陰りを見せ、ネットが主力になろうとしています。だからこそ、企業向けの通販サイトがいくつも創設されて、競うように多くの点数を掲載するようになったのでしょう。


 プロのエンジニアが利用する通販サイトとして、もっとも重要なことは求めている製品を見つけ出すまでの検索時間をいかに短縮出来るかでしょう。求めている商品や企業名が最初から分かっている場合なら、実はそれほど点数の膨大な通販サイトを活用する意味はありません。
 例えばあるエンジニアが目的の半導体を探している時に、いかに有効な情報がヒットするのかが重要です。馴染みのある企業名を入力しなければ検索結果が表示されないのではなく、目的やスペックをもとにしたり、同業他社のエンジニアからの評判や感想などが通販サイトの商品個別ページでしっかりと反映されているのかも重要です。


 欲しい物を検索すると膨大な商品点数がヒットしてしまうのではなく、また企業名や商品名で絞り込むのでもなく、例えばプロのエンジニアが求めている製造の発売日や用途などでさらに絞り込めることが重要になってきます。
 実際に、膨大な商品点数を一件ずつ調べていくのは時間が掛かり過ぎてしまいます。絞り込みの仕組みがこれからは特に重要になってきて、プロのエンジニアが実務で使っても欲しい商品をいかに短時間で見つけられるのかが、これからの通販サイトの理由数に大きな影響を与えてくるはずです。
 多くの情報が通販サイトの大きな価値ではなく、特にプロのエンジニアが使いたくなるのは、自身の求めている情報に類似した商品などを関連させて結果を出してくれることです。簡単な仕組みで言えば、ページ上部に人気のある部品が優先的に掲載されたり、取引数の高い商品がピックアップされていたりして、通販サイトの方でも営業的な提案が行われると利用頻度が高くなるでしょう。プロのエンジニアが使いたくなる通販サイトは、情報の提示に工夫が施されたサイトでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP