様々な資格があると有利な施工管理の求人

施工管理とは、建築現場で固定管理や安全管理、品質管理などを行う仕事です。大規模工事になるほど複雑な工程を要し、技術者のかける人数も増えるため、計画性のある質の高い工事を行うためには施工管理が必要です。施工管理の主な仕事は、工程管理・安全管理・品質管理・原価管理・出来形管理・行政への申請、などです。施工管理職として働くためには、国家資格である「施工管理技士」の取得が必要になります。施工管理技士の資格には「土木施工管理技士」や「建築施工管理技士」、「管工事施工管理技士」、「電気工事施工管理技士」、「造園施工管理技士」、「建設機械施工技士」の6種類があり、各種類に1級と2級があります。建築現場で管理技術者として働くには、国家資格である「施工管理技術士」の1級を取得しなければなりません。有資格者には求人も豊富です。

転職や建築業界での出世、収入アップにとても有利な施工管理技士の資格

建設業法第27条第1項に基づき、国土交通大臣指定機関が執り行う施工管理技術検定試験という国家試験に合格すると国家資格の「施工管理技士」がゲットできます。施工管理技士の資格を取得すると、「専任技術者」や「主任技術者」、「管理技術者」や「現場監督」の資格も付与され、できる業務の幅が格段に広がります。「専任技術者」とは建設会社が営業所に常勤でおかなければ工事を受注することができない、なくてはならない存在です。現場に「主任技術者」を配置しないと一般建設業範囲の工事を行うことができません。「管理技術者」は、現場に配置しないと特定建築業範囲の工事(4000万円以上の工事)を受けることができません。「現場代理人(現場監督)」は建設現場での工程管理や安全・原価・品質管理、打合せなど現場でのすべての管理業務行う重要な存在です。このすべてをできるため、「施工管理技士」は求人でもかなり重宝される存在です。

施工管理技士の資格をとることで大きくキャリアアップ

施工管理技士の資格を取得することで「統括安全衛生責任者」や「元方安全衛生責任者」も兼ねることができます。現場の安全性を高めるために、常に50人以上の労働者をつかう元請会社は元方安全衛生責任者と統括安全衛生責任者を配置しなければいけません。施工管理技士資格の保有者が統括安全衛生責任者や元方安全衛生責任者を兼ねることが多いです。建設会社からすれば、施工管理技士が1人いることでどちらの役割も兼ねることもできるため、施工管理技士は重宝される存在です。施工管理技士には1級と2級がありますが、1級と2級では受けられる工事の大きさが違います。1級施工管理技士の方が対応可能な工事の規模や取り扱う金額が大きいのです。求人の際は1級も2級も供に重宝されることは間違いありません。