施工管理の求人は大企業が積極的に行う

施工管理とは、建築業界やインテリア業界で必要とされる職種です。こういった業界に興味があるなら、施工管理技士という資格もあるので、調べてみると良いでしょう。施工管理の仕事とは、計画的に質の高い工事をするために存在します。主な仕事は、発注者とのミーティングや技術者の指導、現場の管理や監督業務です。企業によっては、現場での仕事以外にバックオフィスのような、電話応対や発注業務、書類や見積もり書の作成なども任されます。施工管理の求人は、東証一部上場など大企業が積極的に出している傾向ですが、中小企業や地元の工務店も負けていません。近年はオリンピックに向けて、建設ラッシュが続いているため、施工関連の職種は求人が増えています。経験や資格が武器になり、つぶしが効くという特長もあるので、手に職をと考えた時、選択肢のひとつとして検討する価値はあるでしょう。

どんな企業や職種が施工管理の求人を出しているのか

施工管理ができると、さまざまな企業で働くことができます。求人として最も多いのはゼネコンと呼ばれる建設業者ですが、他にも不動産会社やハウスメーカー、地元の工務店なども求人を出しています。施工管理の資格や経験を、何かに特化した企業で役立てるという方法もあります。例えば、設計プランニングを専門にしている会社や、リノベーションを得意としている会社です。間接的に活かすということもできます。不動産会社の営業や一般事務、インテリアコーディネーターやCADオペレーター、プランナーといった職種です。こういった職種でも「施工管理の経験あれば歓迎」というワードで募集していることが多いので、施工管理を活かして働くことができます。例え上記のような募集の職種が未経験だったとしても、施工管理のスキルを持っていることにより、“給料を優遇してもらえる”可能性もあるので、求人は幅広い視野で探してみると良いでしょう。

施工管理の求人に共通する特徴とは

施工管理の求人をいくつか見てみると、共通の特徴が見つかります。まずは、「経験必須」や「経験者歓迎」といったワードです。「歓迎」という記載は、ほぼ「必須」を意味すると思って良いでしょう。どこも即戦力になる人材を求めている傾向です。ただし、こういった求人は「ブランクはOK」としていることが少なくありません。結婚や出産で家庭に入り、再び社会復帰を目指している方などは応募可能という意味です。PCスキルも基本操作は必須としている企業が目立ちます。現場での業務以外に、書類や見積もり書の作成を任されることもあるため、PCの扱いにある程度慣れている人という点も募集の条件に含まれることが多いです。「向いている人」の記載については、コミュニケーション能力の高い人や統率力のある人、臨機応変に動ける人というワードが共通しています。