施工管理の求人はやりがいを求めます

現在東京オリンピックに向け競技場や施設を急ピッチで建築しています。そこでは、資材や人件費を管理し工程通りに工事が進むよう、職人の人数や機械の手配なども行う人がいています。そのような人が、施工管理の行う施工管理技士です。施工管理と一言で言っても、土木工事・管工事・建築工事など建設に関する現場で、現場監督の役割を担う需要な存在です。施工管理をしなければ、工事スケジュールがズレ込んだり、資材の搬入が間に合わなかったり、安全管理を怠ってしまうと様々な問題が起きやすくなります。逆に、自分で計画したり、リーダーシップを取れる人は求人があると応募し、チャレンジしてみるといいでしょう。しかし、無資格でも施工管理の仕事を行うことが可能であるが、現場の規模や求められることも変わるので実務経験を養いながら取得しましょう。

施工管理の求人はどのような種類があるのか

施工管理の種類は6つあります。種類によって、仕事の内容や範囲が異なる為知ることが必要です。1つ目は、建設機械施工です。建設機械も用いて工事を行う際に管理を行います。2つ目は、土木施工管理です。河川・道路・鉄道などの土木工事に関する管理を行います。3つ目は、建築施工管理です。建築施工過程の管理や計画などを行います。4つ目は、電気工事施工管理です。電気工事などを行う際に教育や監督を行います。5つ目は、菅工事施工管理です。配管工事や給湯設備などを計画・作成・安全管理などを行います。6つ目は、造園施工管理です。公園や遊園地などの造園工事の際の作成・管理などを行います。様々な施工管理の求人があります。それぞれに資格もあり、国家資格である施工管理技士というモノになります。実務経験などの一定の条件がある為、取得する場合は確認が必要となります。

施工管理の仕事内容と求められる人財

前文で施工管理の種類の話をしましたが、次にどのような仕事内容があるのかを知る必要があります。大きく分けて4つの仕事内容に分かれます。施工計画・安全管理・品質管理・工程管理です。施工計画は、協力業者などが1つの工事でかかる人件費や資材費などすべて分かる計画を作成することです。安全管理は、消火設備の設置や危険な箇所がないかなど、工事現場で作業を行う人たちの安全面を管理することです。品質管理は、品質が高い建物を建てるために資材を準備し、写真などで記録管理することです。工程管理は、工期が遅れていないか、職人や重機などの必要なモノの調達で日程管理を行うことです。施工管理の求人としては、現場全体の把握や施工品質の低下がないように、常に危機管理を行えること。また、瞬時に適切な判断が出来、円滑に行う為にも意思疎通が取れる人材です。初めからもっていないスキルでも経験などを経て積み重ねていきましょう。